歯科治療とは言え、インプラント埋入手

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。
どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けることも考えるべきです。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。
全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ