担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。しかし、制約もあるので覚えておきましょう。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ