虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ