一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。
数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

http://www.oga-dental.jp/

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ