探偵に支払う費用内訳

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるかもしれません。時間給は、人数×時間で計算した費用です。
短い期間で浮気調査を終えると支払いも安くすみます。
浮気の確証を手に入れるには浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。
ところが、探偵に頼むと調査料金も安くはないですから、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。
探偵に浮気調査を頼んだとしたら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ料金はまちまちなので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、離婚するか気づかないままにするのか選択に困りますよね。ひとまず冷静になって、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
心から信用のできない人間と一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。
相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。子供がいらっしゃる場合だと特に、旦那、妻の浮気が発覚したからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。
養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。
反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ