人に怪しまれることのないよう

探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法を取りますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、興信所から来たことを明かして公然と調査を行うことが多いです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると、おおまかには考えられます。
もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を望むのであれば、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、間違いのない、裏切りの数々を見せられなければなりません。
しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、映像に残して貰えますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、用意してくれるでしょう。
わけもわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかめます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
しかし、相手に問い詰めても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。変わりはほとんど無いと言っても良いでしょう。
共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たような仕事をしています。
しかし、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。
例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。浮気していることが明らかになってしまうと配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。
しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ