治療後に以前と比べて息のニオイが気になる

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。
そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ