完全にゼロにはならないのが残念

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ