手術によって、人工物であるインプラントを体内に

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。
残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
あま市でインプラントならひろいし歯科クリニック【認定医・2500本以上】

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ