どこの歯科医院でも、インプラントが適用

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。
安くできるケースで十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。
インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。
検査には問題ないのです。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。
本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ