どんな方にもインプラント治療が

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。
インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査には問題ないのです。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。
まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ