「インプラント治療のリスク」の記事一覧

年齢制限の上限はありません

インプラント治療を受けるのに、年齢制限の上限はありません。 逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けられているようです。 ただ、年齢的には問題はなくても健・・・

担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。 その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。 当然、・・・

治療後に以前と比べて息のニオイが気になる

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。 これには、歯肉とインプラント・・・

人工歯根(インプラント体)を骨

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材・・・

近頃では歯科医院でもインフォー

近頃では歯科医院でもインフォームドコンセントを前面に打ち出しているところが増えてきました。 特にインプラントなどの費用が高額になる自由診療を行っている歯科クリニックに多い傾向があります。 外科手術というリスクと高い費用、・・・

どこの歯科医院でも、インプラントが適用

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。 周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でイ・・・

現在ではインプラント治療も一般化してきました

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。そうなる理由として、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまっ・・・

歯科治療とは言え、インプラント埋入手

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。 普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくな・・・

インプラントとクラウンがどう違

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をは・・・

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。 インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ